エムズ通信 Aimss Journal

断熱の盲点!

施工現場日誌

レンジフードで月4,000円の損失。

「省エネ性の高い家づくり」といわれて家の断熱性能、

窓の性能を高めることに苦心していますが思わぬ盲点。

キッチンのレンジフードからの熱の損失が大きいのです。

エッ・・。 何のこと??・・ と思われる方が多いの

ではと思います。

国の基準もなく、確認検査機関からの指摘もなく、キッ

チンメーカーからのアドバイスもない。そんな現状です。

なぜ?そうなるの・・

キッチンの換気扇は調理中の汚れた空気を外に出します。

このとき換気扇から太いパイプを通って空気を出しますが

これが大きな問題です。換気扇を回したときに調理の汚れ

た空気だけでなく、室内の空気も一緒に引き込んでしまい

ます。 

・・なので、冬は室内の暖まった空気を換気扇から逃がして、

夏は冷やした室内の空気を外に出すことになります。

その結果、大量の熱とエネルギー、お金が失われます。

「省エネ住宅」と言えども大きな抜け穴になっています。

一般の換気扇は排気する量と同じだけの給気が必要です。

レンジフードの作動時は24時間計画換気で取り付けた

自然吸気口からも大量の冷気が室内に入ってきます。

夏場は暖かい空気が・・

 

こうならないために・・

同時給排型換気扇の取り付けが必要です。

一般の換気扇は排気穴が一つなのに対して、同時給排型

換気扇は排気口と給気口の二つの穴があります。

換気扇の中で排気した風量分だけ給気するので部屋の中

の空気の移動が少なくなります。

その結果、室内の快適性がアップする! 光熱費が下がる!

ということななります。

今、新築中のN様では同時給排型換気扇取り付けの為の

配管ダクトの取り付けが完了しました。

最近では断熱性能を高めるための一つとして、家中の隙間を

なくすことを目的とし、競うように気密性能を高める努力を

しています。こんな気密性能の高い家では換気扇の作動時に

は負圧がかかるためにドアの開閉が重たいということもあります。

 

*リフォームでも換気扇の取り換え時に同時給排型換気扇にす

ることができます。

お気軽にエムズまでご相談ください。

 

 

 

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓