エムズ通信 Aimss Journal

大震災、もう一つの備え!

施工現場日誌

2016年の熊本大地震は甚大な被害をもたらしました。

住宅でも倒壊など多くの被害が出ました。

 

あれから5年を迎えます。

阪神大震災

東日本大震災

鳥取中部地震・・・

次から次へと発生する大地震は大きな被害をもたらします。

熊本大地震は東南海大地震の前兆とも言われています。

そんな中で、国は人命と財産を守るために耐震改修工事を呼び掛けていますが、まだまだ進んでいないのが現状のようです。

倒壊した住宅の多くは耐震化が不十分でした。

被害が大きかった益城町での国交省の調査によると、耐震基準が強化された1981年以降に建てられた木造建物は1042棟あり、そのうち倒壊したものは7.7%でしたが、旧基準で建てられた702棟では32.1%が倒壊したとのことで、耐震化の必要性が再認識されました。

 

そんな中で意外な盲点

エコキュートの転倒

訪問した工務店によると新築では軽微な被害はあったものの、ほぼ大丈夫だったと言います。

反面、大変だったのがエコキュートの転倒。

●原因

・コンクリート基礎の厚みが薄かった。

・固定するアンカーボルトの位置が設置説明書通りでなかった。などの設置工事不備が多かった。設置は業者任せにすることが多く、不備の原因になりやすい。

エコキュートも安全対策がきちんとされた状態がスタンダードになっていくといいですね。

 

 

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓