エムズ通信 Aimss Journal

大量廃棄時代に備え

施工現場日誌

今まで再生エネルギーの普及と国をあげて進めてきた太陽光発電。

将来にはこんな筋書きになるとは驚きでした。

日経新聞によると・・

「太陽光パネル再利用義務化」

環境省は太陽光パネルのリサイクルを利用者などに義務付ける方針を固めた。

パネルの耐用年数は20年程度で、2012年に始まった固定価格買い取り制度で

急速に普及が進んだパネルが30年ごろから大量の廃棄が見込まれるため。

義務化により不法と投棄を防ぐほか、資源の回収にもつなげる。

 

太陽光発電の普及が進む欧州ではリサイクルを義務付け回収体制を整えている。

耐用年数を過ぎた太陽光パネルを長期間放置すると、電流の不具合で火災の原因

となったり、パネルに含まれる鉛などの有害な物質が流失したりする恐れもある

とのこと。

買取価格が下がる今でも太陽光パネル進める業者さんもいますが、こんな記事を

見れば考えものです。

後世に何を残すか・・

建築にたずさわる者として、地球環境を守り、少しでもより良き方向に導くよう

な責任があると思います。建物、設備など役割を終えたあとどうなるのか?まで

考えた働きが大切だと思います。

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓