エムズ通信 Aimss Journal

地盤調査

施工現場日誌
”家づくり”の第一歩。 N様邸にて地盤調査を実施しました。 30年以内に起こると言われる確率が年々と高まる東南海地震。 まず第一の対策はその土地の状況を正確に把握して、その対策 を講じることです。 地盤調査の依頼先は東京に本社のある「ジャパンホームシールド」 です。もう、20年ほどの付き合いになります。 日本で一番数多くの実績のある調査会社です。 何より安心なのはその実績と共に、自社では地盤調査を専門として いるところです。よく地盤調査と杭施工を兼ねている会社がありま すが、客観的なデータに基づいて判定を下し、良質地盤で杭を打つ といった過剰設計(補強工事)の低減によりコストダウンにもつな がります。 SDS試験と表面波探査の2つの調査を行います。 地盤調査は「許容応力度(支持力)調査」と「沈下量予測」の2つを 把握することを目的とします。 それぞれの特徴を見極めてより精度の高い調査結果になります。 1.SDS試験状況 従来のSWS試験(一般的に一番多く採用されています)ではわか らない「土質」がわかる画期的な試験法です。SDS®試験とは、 地盤の土質をより正確に判断し、的確な地盤評価を支援するため の試験法です。 2.表面波探査試験 表面波探査法は「表面波」を人工的に振動機で発生させ、 その「振動」の伝わる速さにより、地盤の硬軟を判断します。 硬い地盤ほど速く伝わり、柔らかい地盤ほどゆっくりと伝わります。 掘らない調査なので、ガラや礫があっても、安定して深度10m まで調査することができます。

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓