エムズ通信 Aimss Journal

トイレ漏水箇所を発見しました。

施工現場日誌

現場監督の幸津です。

 

「トイレの外の基礎が

いつも濡れています。」

 

とご連絡を頂き、駆け付けました。

 

外の基礎が濡れて苔が

生えるほどになっています。

 

後日、解体工事からスタートしました。

土間がタイル張りだったので

斫り・鋤取りを行います。

 

解体工事が完了した時に

漏水箇所・原因を探ります。

 

 

パイプの接続しているソケット部で

漏水しています。指が濡れているのが

分かります。

 

 

足元の配管も炙って

かなり無理がある配管接続です。

 

 

 

配管も綺麗に接続し直しました。

 

その後、棟梁に床組みをして頂き、

 

内装工事をして完成です。

4日間の工事で済みました。

 

工事中はトイレが使えない場合、

洋式の仮設トイレを

お借りして施主様にも

安心してお使いして頂いています。

 

 

基礎がいつも濡れている…

外壁の下が濡れている…

 

などは漏水の危険性がございます。

一刻も早い修繕が

後の被害を少なくします。

 

不安や困り事がございましたら

何なりとお申し付け下さい。

 

 

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓