エムズ通信 Aimss Journal

エムズの家が呼吸するワケ

施工現場日誌
 新築施工中のS様邸の外壁が出来上がりました

壁と言えば、エムズの家は『呼吸する家』。

壁の中で空気が循環できるようになっています

そのお陰で「夏涼しく、冬暖かい」が実現します。

機械に頼らないゼロエネルギーで快適な室内環境の実現。

今日はその仕組みをご紹介したいと思います。

床下・壁・屋根と常に家の周りに新鮮な空気が流れるように「空気の通り道」を作ります。

もちろん雨漏り等はないように、です。

夏、屋根が熱せられれば地面との温度差が大きくなります。

このときに上昇気流が発生します。

屋根が熱せられ、温度差が大きくなるほど、空気の流れは速くなります。

この流れで熱気を排出します。

逆に冬は、屋根と地面の温度差があまりないので空気の動きは止まります。

その時、空気は壁の外周りを覆う保温材の役割をしてくれます。

地面からの空気流入口



壁の中の空気の通り道





壁から屋根に向かいます



瓦下の通り道



屋根の排出口





構造はいたってシンプル!空気の特質を利用したランニングコスト0円の仕組みです











新築・リフォームはエムズにお任せ! http://www.aimssinc.co.jp/
『お客様の声』はこちら http://www.aimssinc.co.jp/interview/index.html













 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓