エムズ通信 Aimss Journal

どう生きる!!人生100年時代

施工現場日誌

家づくりは一生の一大事と言われるほどの大事業です。

構造、デザイン、機能性、耐久性などたくさんの要素が絡み合いながら形づくられていきます。

そんな中でも一番重要ともいうべき資金計画について考えてみました。

いいものにすれば費用は高くつきます。

でも、そこそこであれば・・ 

そう考えられる方も多くいらっしゃるでしょう。

家は消耗品ではなく、人生を通じての長いお付き合いです。

 

そこで・・・

一般的仕様の家と長期優良住宅仕様の家の比較・検討をしてみました。

一般的仕様の家:

コスト安い。平均寿命30年~40年

長期優良住宅仕様の家:

コスト高い。平均寿命70年~100年

 

だんだんと現実味を帯びてきた「人生100年時代」。

家とのお付き合いも必然的に長くなります。

 

 

若い時に家を建てていずれ定年退職を迎えます。

今、65歳で定年と言われていますが、それ以降の人生は約35年近くあります。 

天寿に恵まれればさらに・・ 

 

問題は、「収入が少なくなる人生後半を、家とどう向き合っていくか」ということ。

<例えば、35歳で家を建てたとした場合>

 

65歳の定年退職。

ここからが問題です。

快適な生活を維持していくには大きな出費が必要になります。

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓