エムズ通信 Aimss Journal

これは固いで~

施工現場日誌

今、会社の改装工事をしています。

既存の外壁をすべて新しく張り替えます。

20年ほどになるサイディング張りは亀裂が

でき、かなり傷んでいます。

このコーキング部分の亀裂が雨漏りの原因、

家の腐朽の原因になります。

亀裂部分から雨水が侵入して中の木は腐って

ひどい状態です。

メンテナンスを後らせ、亀裂をそのままにす

ればこんな状態になります。リフォームでは

よく見かける状況です。

今日は大工さんが塗壁のジョリパッド部分を

剥がしてくれました。

下地材はデラクリート板です。

大工さんが何やら言いながら取り外しをして

います。「これ、固いで~」「固いわ~」と

フウフウ言いながら解体してくれています。

エムズではジョリパッド(塗り壁)を標準的

に使っています。この塗壁の下地板はデラク

リート板です。外壁一面に張ります。

塗り壁の一番の天敵は外壁のひび割れです。

いろんな外壁材がありますが今使っている

デラクリート板が一番丈夫だ、との思いで

9年前から使っています。お蔭で今まで一

軒もひび割れの発生は見られません。

 

今日、デラクリート塗壁の解体をしているの

を見てうれしくなりました。私の思いに間違

いはなかったと。

河野大工さんは剥がすのにかなり苦労してい

ます。逆を言えばそれだけ丈夫に止まってい

るということです。

セメント板の間にメッシュが2枚サンドイッ

チされています。これがセメントと絡み合っ

てかなり丈夫です。

耐震性能向上も間違いなし!

弾力性もあり、クネッと曲がっても仕上げ材

であるジョリパッドは割れません。

止付けのビスが取れません。

しっかりと外壁に絡みつき耐久性があり粘り

あり、コーキングレスにもなり、そして美し

い仕上がりを保て、自信をもってお勧めでき

る外壁材です。

・・と、解体シーンを見ておもいました。

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓