エムズ通信 Aimss Journal

こうすれば安心!

施工現場日誌

断熱性能、気密性能を高めると言っても意外な盲点。

ユニットバスの床下です。

給水、給湯、循環パイプなどの配管の出入りのために

基礎に開口部を設けています。

でも、そこがポイント!

何も対策がなければ人が出入りできるほどの大きな

開口があります。これはユニットバスの将来メンテ

ナンスの為にも必要ですが、床下の風がダイレクト

に入ってきます。例えば真冬の寒さなども出入り自

由です。浴室内に冷気が入れば家中に流れていきます。

なので、配管を通すことができ、将来メンテナンス

のために人も出入りできるようにしていなければい

けません。

今まで全国的にこんな対策をしていたことは少ない

のでしょうか。

メーカーから断熱と気密性を持った専用部材を扱い

だしました。

K様ではこの断熱性、気密性能のある専用部材を使

って対策をしました。

室内側

浴室内

これで真冬の冷気も室内に入りません。

 

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓