エムズ通信 Aimss Journal

いい「うち」づくり

施工現場日誌

生活環境研究の第一人者、室内気候研究所の

石戸谷裕二先生のお話しから・・・

家、会社、学校、マーケット、商店・・など

など人は人生の90%以上を「人工環境」の

中で過ごしています。

人間活動が快適で、効率的で、持続的である

ために大切なこと。

室内に穏やかな変化をデザインすること。

人間のリズムを意識した環境づくりがこれか

らの住宅には不可欠。

人は力づくで快適な生活を追求するあまり、

家を閉ざし自然から孤立しようとしていま

す。人工的で無機質な建物環境の中で一生

を過ごす。

果たして、これが人にとって本当に快適な

暮らしと言えるのでしょうか?

 

いい「うち」づくり。

「うち」とは家、内側、内面、自分、をさ

言葉として使われます。

「いい家づくり」とは建築、設備、エネル

ギーがバランスよく共に長所を引き出しデ

ザインされたものだと言えます。

建築、設備、エネルギーにもたくさんの選

択肢があります。

本当に必要なものは何でしょうか?

住まいの悩みは何でしょうか?

 

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓